初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

外国株

【米国株ETF】私が買うならS&P500に連動する「VOO」!

投稿日:

私が買うならS&P500に連動する「VOO」

ブラックマンデー、リーマンショックなど数多くの暴落を乗り越えたアメリカ市場は、今なお右肩上がりに上昇を続け、株価は史上最高値の更新を続けています。そのアメリカ市場の主要株価指数である「S&P500」も度々相場下落があっても長期的に見れば非常にキレイな右肩上がりのチャートとなっています。
この「S&P500」に投資すれば、長期で資産を増やすことができると言うことです。
そして、「S&P500」に連動して動く「VOO」や「IVV」、「SPY」といったETFに投資することで、言わば「S&P500」に投資しているということになるのです。
そして、「VOO」、「IVV」、「SPY」のうち、もし私は投資するなら最も経費率の低い「VOO」にすると思います。

S&P500に連動して動く「VOO」とはどんなETFか

それでは、「VOO」とはどんなETFなのでしょうか。簡単に紹介したいと思います。

「VOO」はS&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指すETFで、「VOO」は「Vanguard S&P 500 ETF」
のティッカー(シンボル)です。

そもそも「S&P500」とは、アメリカを代表する株価指数で、アメリカ株で流動性がある大型株から選ばれた500銘柄で構成されています。時価総額を指数化し、米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしています。そのため、「S&P500」に連動する 「VOO」に投資することで、米国市場全体に投資できるとともに、分散して投資できているためリスクを減らすことができるのです。。
VOOは2019年10月末現在、510銘柄で構成されています。(ベンチマークのS&P500は505銘柄)

「VOO」の組み入れ上位には、皆さんもご存じの
マイクロソフト
アップル
アマゾン
フェイスブック
などがあり、世界の超有名企業にも投資していることとなります。

セクター別にみると
トップが情報通信、ついでヘルスケア、金融、サービス業、一般消費財となっています。

設定来のパフォーマンスを確認すると、「S&P500」が14.27%、「VOO」は14.23%となっており、、「S&P500」にしっかり連動した成績をあげられており、問題ありません。

分配金利回りは、1.82%で、「SPY」の1.78%、「IVV」の1.89%と大きな差はありません。(いずれも11月の情報です。)

経費率は「VOO」、「IVV」、「SPY」の中で最低

私はETFを選ぶのにパフォーマンスに次いで経費率を重視しています。「VOO」、「IVV」、「SPY」にあたっては、パフォーマンスにそれほどの差はありません。すると比較すべきは経費率だと思います。ETFの経費は主に信託報酬ですが、これはETFを保有していればずっとかかってきます。経費は日割りで計算され毎日引かれています。そのため、長期で持てば持つほど費用がかかるので、出来る限り経費率が少ない方が、最終の利益を少しでも大きくできます。
「VOO」の経費率は0.03%。「SPY」は0.09%、「IVV」が0.04で最も経費率が低いのは「VOO」となります。

私は「VOO」を選択するが、他でも問題ない

経費率は「VOO」が低いといっても、実際のところこの程度であれば差がないと言ってもいいのかもしれませんので、「VOO」、「IVV」、「SPY」のどれを選択しても長期で投資すれば、十分に資産を増やせるのではないかと思います。
しかし、私は少しでも経費は抑えたいので、買うなら「VOO」にします。(実際には買っていませんが・・・)

「VOO」には少額から投資できる

「VOO」は、現在1株286ドルで、1株単位で投資できますので、少額から投資ができます。また、米国株の手数料については、今ではとても安くなってきており、楽天証券やSBI証券、マネックス証券でも、少し前まであった最低手数料も5ドルから0.01ドルに変更されていますので、「VOO」に気軽に投資できる環境が整っています。

最後に

いかがだったでしょうか。右肩上がりを続けるアメリカ市場全体に投資できる「VOO」は魅力的でオススメできるETFです。皆さんもぜひ投資を検討してみてはいかがでしょうか。

 


関連記事の紹介

米国株の手数料を比較した記事です。もし「VOO」に投資する場合の参考にしていただければ幸いです。

 

「VOO」と同様にS&P500に連動して動く「SPY」を紹介した記事です。ご覧ください。

 

私が投資しているアメリカ高配当株ETF「VYM」を紹介した記事です。参考にしてください。

広告

広告

-外国株
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米株のリスクヘッジ、暴落対策に「Direxion デイリー S&P500ベア3倍ETF(SPXS)」

リーマンショックから10年以上たち、そろそろ次のバブル、そして、暴落を意識せざるおえなくなってきました。加えて、アメリカの長短金利の逆転。逆転後、大きく相場が上昇した後に暴落が起きる過去の事例もふまえ …

楽天証券、SBI証券、マネックス証券どこが安い?米国株取引の手数料を比較!

Table of Contents 魅力的なアメリカの株式市場に投資しよう米国株への投資は簡単!米国株の手数料は?米国株の取り引きかかる手数料おわりに 魅力的なアメリカの株式市場に投資しよう 日本株は …

VYM(アメリカ高配当株式ETF)の分配金をGet!

先日「VYM(アメリカ高配当株式ETF)」の分配金が入金されました。 VYMの分配金は3月、6月、9月、12月の年4回です。 一株あたり 0.7388 USドルでした。 ちなみに同時月の過去の分配金は …

【米国株】アメリカ高配当株式ETF「VYM」に一括投資

アメリカ高配当株式ETF「VYM」株価チャート TradingView提供のVYM相場 Table of Contents アメリカ高配当株式ETF「VYM」に一括投資アメリカ市場は右肩上がりVYM( …

楽天証券 米国株購入手数料が業界最安値に!

日本株は、バブル期の高値を未だに更新できていませんが、米国株は長期で見れば右肩上がりを続けています。 そのため、日本株だけではなく米国株にも投資をすることで分散という意味でも資産形成という意味でもとて …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ