初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

株価のトレンドを知る ボリンジャーバンド

投稿日:

株式投資では投資を行う際に、使用できる様々な指標があります。

ここでは、株価のトレンドを知ることができる指標として使われるボリンジャーバンドについて紹介させていただきます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線を中心にし、その上下に値動きの幅がわかる線を加えたものです。

トレンドを知るための指標として使われますが、株価の上昇トレンドや下降トレンドがわかるため、逆張りの指標としても使われるとても便利なテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドは、株価は基本的に移動平均線に沿って動くという考えに基づいており、移動平均線から上に行き過ぎた場合は売り、下に行き過ぎた場合は買いと判断します。

ボリンジャーバンドは、平均からの散らばりがわかるσ(シグマ)という標準偏差を表す記号が使われます。

そして、移動平均線から

+-1σの間には68.7%の確率で

+-2σの間には95.45%の確率で

+-3σの間では99.73%の確率で

株価が動くということになります。

ボリンジャーバンドの使い方

上記で述べたように、+2σから-2σで株価が動く確率は約95%です。

そこで、株価が+2σを上抜けたときに売り、株価が-2σを下抜ければ売り、と判断し、売買のタイミングを図ります。

また、ボリンジャーバンドが大きく広がる場合は、強い上昇トレンドや下降トレンドの発生の合図です。しばらく上昇が続く場合が多いので、広がるポイントで買ってみてもいいと思います。

加えて、+-2σに寄り添うように株価が推移をしているとかなり強いトレンドです。こういったときは、逆の動き(上昇しているときは、調整。下落しているは反発。)も大きくなりますので、売買のタイミングを逃さないようにしましょう。

ボリンジャーバンドの注意点

移動平均線と同じように株価が何かの材料で急騰したり、急落したりした場合は統計をもとづいているσが役に立たない場合があるので、注意が必要です。

また、ボリンジャーバンドに広がりがなく収束している場合は、値動きが少ない状態を表します。こういったときは、この後大きく株価が動く可能性があります。あまり売買をしない方がいいかと思います。

広告

広告

-資産運用の基本
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

確定申告から逃げない!外国税額控除は使うべき!

株式投資をしていると得た利益の税金について、考えることが多々あります。 特に私のように外国の株式にも投資している場合、日本の税金に加え、現地の税金も徴収されてしまいます。 また、証券口座のキャンペーン …

楽天証券 米国株購入手数料が業界最安値に!

日本株は、バブル期の高値を未だに更新できていませんが、米国株は長期で見れば右肩上がりを続けています。 そのため、日本株だけではなく米国株にも投資をすることで分散という意味でも資産形成という意味でもとて …

no image

証券会社選びは大切!

株式投資や投資信託を始める際に一番始めに決めることは、どこの証券会社にするかです。証券会社によって株等を売買する手数料に差があるため、しっかりと調べた上でどの証券会社にするか決めないと、売買する度に手 …

REIT-ETFに投資する理由

皆さんはREITという商品をご存じでしょうか。 REITは、投資家から集めた資金で不動産へ投資をし、それから得る賃料収入や売買益を分配する商品で、日本で上場しているREITをJ-REITと言います。 …

企業の収益性、成長度を知る EPS

Table of Contents EPSとはEPSの活用方法まとめ EPSとは EPSは一株当たりの利益を表します。 企業の純利益を発行済み株式数で割って一株当たりに直したものです。 EPSの計算式 …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ