初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

投資の神様ウォーレン・バフェットの産物 バフェット指標とは?

投稿日:2018年2月17日 更新日:

投資の神様ウォーレン・バフェットの産物 バフェット指標とは?

皆さんは「バフェット指標」というのを聞いたことはありますか?
バフェット指標とは、投資の神様と言われる著名投資家のウォーレン・バフェット氏が使っていると言われるとても有名な指標です。今回は、「バフェット指標」がどのようなものなのかに加えて、そもそもウォーレン・バフェットはだれなのかについても、ご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

投資の神様 ウォーレン・バフェットとは?

ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)氏は、アメリカの超有名な投資家であり、経営者や資産家であり、世界最大の投資持株会社・バークシャー・ハサウェイの会長兼CEOでもあります。
2020年4月7日に米国の経済誌・フォーブスが発表した「世界の長者番付」によると、バフェット氏の資産は世界ランキング4位の735億ドルで、日本円にして約7兆7000億円(ドル=105円として計算)ということです。
バフェット氏は。割安株投資家として知られており、市場が企業の実力を過小評価しているときに株を買って、企業価値が見直されたときの株価の値上がり益を狙う「バリュー株投資家」と言えます。

バフェット指標とは?

そんなウォーレン・バフェット氏が生み出したのが、バフェット指標(バフェット指数ともいわれる)というもので、株式市場が割安なのか、割高なのかを判断する指標です。

計算方法は次のとおりです。

バフェット指標=時価総額÷名目GDP×100

アメリカ市場では、Wilshire 5000が、日本市場では、東証1部が使われることが多くなっています。
一般的には、バフェット指標は100を越えてくると、相場に加熱感があり調整の警戒が必要と言われます。

過去のバフェット指数を見てみると、アメリカ市場では、2000年のITバブルが148.50の高値となっていたほか、2007年サブプライショック時で110.10でした。また、2018年は9月に146.70となっていて、その後、NYダウは12月に大幅な下落となっています。

また、日本の株式市場においても1989年の日本のバブルのピークでは、日本のバフェット指数は145%でした。また、チャイナショックやコロナショック時にも、バフェット指数は100を超えています。

バフェット指標が100を超えたからといってすぐに暴落するわけではありませんが、しばらく経過した後に、暴落することもありますので、バフェット指標が100を超えた場合は、そのことを頭の片隅においておいてもいいかもしれません。また、バフェット指標と他の指標を併用して使うことが不可欠ですので、バフェット指標だけをみて判断することのないように注意してください。

 

 

広告

広告

-資産運用の基本
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【重要】必ず確認すべきアメリカの経済指標

Table of Contents 必ず確認すべきアメリカの経済指標FOMC政策金利の発表FOMC議事録の公表米国雇用統計ADP雇用統計新規失業保険申請件数ISM製造業景況指数、ISM非製造業景況指数 …

外国株式・ETFの配当の二重課税を確定申告しする(外国税額控除とは)

Table of Contents 外国株式・ETFの配当の二重課税を確定申告しする外国税額控除とは投資信託等に係る二重課税調整について確定申告の方法は?確定申告の期間確定申告の方法最後に 外国株式・ …

決算発表前、株は売る?それとも保有のまま?

Table of Contents 株式投資では様々な場面で判断に迷う決算前は株を売るべきか、保持するべきか特に判断に迷う結局、決算で株価が上がるかどうかはわからない決算前に保有株は処分する 株式投資 …

2020年夏号「四季報」から選んだ私の注目銘柄一覧

Table of Contents 2020年夏号四季報から選んだ私の注目銘柄一覧会社四季報とは選んだのはグロース株2020年夏号四季報 私の注目銘柄一覧注目銘柄を買うタイミングは?最後に 2020年 …

【投資の指標】企業の本業による稼ぐ力を図るROICとは

Table of Contents 企業の本業による稼ぐ力を図るROICとはROICの概要ROICの計算式ROICの目安は?ROICの高い企業は?ROICの高い企業(日本経済新聞掲載)最後に 企業の本 …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ