初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

「信用倍率」に注目、株価が上がりやすいか下がりやすいか

投稿日:

信用倍率とは

ある銘柄の価格を決めるのは需給です。要するに株を買う人が多いのか、売る人が多いのかということです。信用取引の需給を表すのが、信用倍率です。

信用倍率は、信用取引の売りと買いのバランスを表した数値です。

計算は以下のとおりです。

信用倍率=信用買い残÷信用売り残

信用買い残は信用取引で買ったあと、まだ決済していないもので、今後、いつかは売りで決済する必要があります。将来の売り要因となります。
一方で、信用売り残は信用取引で売ったあとまだ決済していないもので、いつかは買いで決済する必要があります。将来の買い要因となります。

つまり、将来的に売買がどれだけ生じるのかを表していると言えます。

信用倍率は、1倍以上あるのが通常です。
売り残が買い残より多い1倍以下である銘柄は、将来買われる可能性が高いと考えられるので、注目の銘柄ということができます。

実際には、信用倍率が低いから絶対に株価が上がる訳ではありませんので、注意が必要です。

信用倍率をどう使うか

私は、信用倍率を銘柄選択の最終の指標として使います。買いルールを満たした良いチャートの銘柄が複数あり、銘柄の選択が必要な場合や、買うかどうか迷ったときに判断材料とします。

信用倍率の低い銘柄は、株価が上昇を続けることで、信用売りの決済(損切り)する人が増え、急騰・暴騰の踏み上げ相場に繋がる可能性があります。

銘柄に迷ったときには少し信用倍率を気にしてみてはいかがでしょうか。

広告

広告

-資産運用の基本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テーマ株に投資に値するか?2020年の注目は?

Table of Contents テーマ株に投資するか?テーマ株で儲けるためにはテーマ株の急騰を待ち伏せしてみる?利益に繋がるかどうかテーマについて勉強はしておくに越したことはない2020年に私が注 …

確定申告から逃げない!外国税額控除は使うべき!

株式投資をしていると得た利益の税金について、考えることが多々あります。 特に私のように外国の株式にも投資している場合、日本の税金に加え、現地の税金も徴収されてしまいます。 また、証券口座のキャンペーン …

株式相場のアノマリーを投資に活かそう!

Table of Contents はじめに株式相場の下落に注意が必要な時期株式相場の上昇が期待できる時期月間でのアノマリー(相場変動に注意が必要なタイミング)おわりに はじめに 株式市場においては、 …

no image

明日は権利付き最終日!

明日は9月の権利付き最終日です。配当や株主優待を手に入れるには明日に大引け時に株を持っておく必要があります。 基本は権利付き最終日付近に株を買うと高値で買ってしまうことになりやすいと思うので、二ヶ月ほ …

つみたてNISAか?NISAか?

2018年1月から「つみたてNISA」の制度が始まります。 私は、もちろんNISAを活用しています。制度が始まると「NISA」か「つみたてNISA」のどちらかを選択することができるようです。 そこで、 …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ