初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

マーケット情報 資産運用の基本

【テクニカル分析】 ダブルボトム・ダブルトップ

投稿日:2018年3月11日 更新日:

今回は、テクニカル分析でとっても有名なダブルボトム・ダブルトップについて、ご紹介します。

ダブルボトムとは

ダブルボトムとは、株式投資の中で代表的なチャートパターンの一つです。このダブルボトムは、相場の転換点で現れ、株価の底を判断します。

ダブルボトムは、株価が安値を付けたあと(一番底)、株価が一度反発し、再び安値を付けて(二番底)、チャートが「W」の形になります。

ダブルボトム完成の注意点

ダブルボトムの完成には注意点があります。

まず、一番目の安値よりも二番目の安値の方が高い位置で反発する必要があります。

そして、二回目の反発が、一回目の反発の高値「ネックライン」を越えた時点でダブルボトムが完成します。

このダブルボトムが完成するとこのあと株価が上昇する可能性が高いので、株の購入を考えてもいいかもしれません。

ダブルトップとは

ダブルトップとは、株式投資の中で代表的なチャートパターンの一つです。ダブルトップは相場の転換点で現れ、株価の天井を表します。

ダブルトップは、高値から下落した株価が反発し、更なる高値を目指そうとしたが、前回高値、もしくはそれより低い株価で跳ね返され、前回の高値を更新できないことで、チャートが「M」の形になります。

ダブルトップの完成には、まず一番目の高値よりも二番目の高値の方が低い位置で下落し、二回目の下落がが、一回目の下落の安値「ネックライン」を割り込んだ時点で完成します。

このダブルトップが完成するとこのあと株価が下落する可能性が高いので、株の購入を控えるとともに、空売りやダブルベアの購入で利益を得ること考えてもいいかもしれません。

ダブルトップが完成したからと言って必ずしも株価が下落するとは限らないでしょう。他のシグナルとも併せて比較し、売買する時の一つのサインとするのが有効だと思います。

まとめ

いかがでしょうか。ダブルボトムやダブルトップが完成したからと言って必ずしも株価が上昇・下落するとは限りませんが、一つの目安にはなるかと思います。他のテクニカル分析のシグナルやファンダメンタルとも併せて比較し、売買する時の一つのサインとしましょう。

広告

広告

-マーケット情報, 資産運用の基本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカの長期金利上昇に「バリュー株」で備える!

Table of Contents アメリカの長期金利上昇に「バリュー株」で備える!金利上昇局面で上がる株は?普段から長期金利のチェックを! アメリカの長期金利上昇に「バリュー株」で備える! 私が株式 …

10月31日から11月2日までの振り返りと来週の投資戦略

Table of Contents 一週間振り返り来週の注目ポイント海外国内来週の投資戦略 一週間振り返り 日本株強いです。 なかなか調整が訪れません。待っているのですが…。 結局、10月で日経平均株 …

「PER」「PBR」割安株の指標

割安株とは、市場の平均と比べて割安と判断される銘柄や、過去の株価水準からみて現在の水準が割安だと判断される銘柄のことです。 割安株の中から今後の成長期待が高い銘柄や見直し期待のある銘柄を見つけ、投資す …

【株価はどこまで上がる?】週足、月足で株価の上値余地を図る

Table of Contents 週足、月足で株価の上値余地を図る週足・月足を見ることで、景色が変わるチャートに上手く乗ることが大事おわりに 週足、月足で株価の上値余地を図る 皆さんは、株式投資をす …

保有株がストップ高!利益確定のタイミング(売り時)は?

Table of Contents ストップ高時、利益確定のタイミングは?利益確定のために、複数単元の保有を!ストップ高の性質を見極める冷静にバリュエーションを確認する ストップ高時、利益確定のタイミ …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ