初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

ダブルブル・ダブルインバースで資金を均衡化

投稿日:2019年1月6日 更新日:

昨年12月の暴落的な下げ、加えて年明け1月4日は400円以上の下げに。一時700円も下げました。アップルショックとやらで、アメリカ市場が大きく下落したのがきっかけでした。

どちらにしても昨年からとてもボラティリティの高い不安定な相場が続いています。株価が上がったと思えば、大きく下がる。下げたと思えば大きく上がる。先週金曜日のダウ工業指数も700ドル以上の急騰です。

こういった不安定の相場で上がるのか下がるのかわからない状況にどのように対応するか。

一つの方法として「ダブルインバースによる資金の均衡化」があります。

ダブルインバースは、日経平均株価などの対応する株価指数が上昇すれば、その逆方向に2倍動きます。要するに株価の下落時に利益をあげることができるものです。

逆に株価が上昇した場合も逆方法に2倍動きますので、損失を抱えることになります。

ダブルインバースの資金均衡化はこれを上手く活用し、持っている株の総額の3分の1をこのダブルインバースにします。こうすることで、株価が大きく下落した場合もダブルインバースが2倍上昇してカバーしてくれます。
一方、株価が上昇した場合はもちろんダブルインバースは下落しますので、株価の上昇による恩恵は受けれません。これはデメリットです。

本当はテクニカルにあわせて、臨機応変ダブルインバースの割合を変えることが出来ればばいいのですが…。チャレンジしましたが上手くいきませんでした。

私は不安定な相場で上がるのか下がるのかわからない場合、配当はもらったうえで、資金の損失を防ぐというこの方法は一定有効だと考えています。心も落ち着きぐっすり眠れます。それに一度、休息して安く買える成長株などを分析する時間も重要だと思います。
また、これから更に下落すると考えるのであれば資金均衡化はかなり有効となります。それ以上の損失はまぬがれますから。
ただし、ダブルインバースの長期投資にはデメリットがあるのでご注意ください。

ちなみに、私はすでに大きく下落した現段階では含み損も抱えているため、資金均衡化は考えていません。
今後、株価が回復し含み損が解消出来たら、少し考えたいと思っています。

みなさんも状況に応じて「ダブルインバースによる資金均衡化」を考えてみてはいかがでしょうか。

広告

広告

-資産運用の基本
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本株(日経平均株価)を予想するための指標を紹介します!

Table of Contents はじめに日本株を予想するための指標ダウ輸送株指数ダウ平均株価(ダウ工業株)アメリカ10年国債の金利(長期金利)ドル円(為替相場)指標の使い方最後に はじめに 皆さん …

相場環境に合った投資をする

ひさしぶりの投稿となってしまいました。 本業が忙しかったのと、クリスマス・年末年始とイベント盛りだくさんであったのと、あと、少しネタがなかったのでお休みさせていただきました。 もちろん投資は継続してお …

【おすすめの銘柄検索】これから上がる?強い株の探し方

Table of Contents 【銘柄検索】強い株の探し方は?ルールに合致した銘柄を探す私の設定するルールについてYahoo!ファイナンスで年初来高値更新銘柄を探す証券会社のアプリで指標、決算発表 …

2023年末で終了のジュニアNISAで所得税と相続税を節税!

Table of Contents 2023年末で廃止のジュニアNISAで所得税と相続税を節税!そもそも「ジュニアNISA」「NISA」とは?ジュニアNISAのポイント生前贈与として相続税の節税も!「 …

企業の収益性、成長度を知る EPS

Table of Contents EPSとはEPSの活用方法まとめ EPSとは EPSは一株当たりの利益を表します。 企業の純利益を発行済み株式数で割って一株当たりに直したものです。 EPSの計算式 …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ