Stock Business Finance Investment  - VisionPics / Pixabay
資産運用の基本

今さら聞けない!ETF(上場投資信託)とは?

皆さんは「ETF(上場投資信託)」について、ちゃんと理解できていますか?

何となく投資信託に似ているのかなと思ってはいても、その仕組みについてはっきりと理解できている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、ETFについて、そのしくみや他の投資方法との違いなどについて、やさしく解説していきます。

ETFに興味を持ちこれから始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ETF(上場投資信託)とは?

そもそもETFとは「Exchange Traded Fund」の略称のこと。日本では「上場投資信託」と呼ばれています。

日経平均株価やS&P500といった指数と連動する運用成果を目指し、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託になります。

ですから、ETFは株式市場全体と似たような動きをすることになります。

ETFと株式投資の違い

自身で銘柄を選んで投資する「個別株投資」のような株式投資とは違い、「ETF」は運用会社が複数の銘柄を選択して運用してくれます。

株式投資ではハイリターンが期待できます。

しかし、投資した個別株の価格が大幅に下落したり、投資した企業が倒産したりした場合には、大きなリスクを負うことになります。

一方で、ETFは分散投資が可能です。ETFを1口購入するだけでも間接的に複数銘柄に投資していることになります。そのため、リスクも分散することができます。

ETFと投資信託の違い

「ETF」は「投資信託」の種類に含まれます。しかし、ETFと一般的な投資信託の間には、たくさんの違いがあります。

・上場しているかどうか

「ETF」と「投資信託」の大きな違いは、「上場している」か「上場していないか」ということです。

「ETF」は上場しているので、証券取引所を通じての取引しかできません。投資信託は証券会社や銀行・郵便局などでも取扱いがありますが、ETFは証券会社でしか購入ができません。

また、ETFの商品数や種類は、投資信託よりも圧倒的に少なくなっています。

上場するためには厳しい審査があるためですが、その分安全性があるともいえます。さらに、商品のラインナップが少ないと、選択の際に悩む必要も少なくなります。

・価格が決まるタイミング

ETFの価格は株式と同じようにリアルタイムで値動きしています。さらに、注文方法も株式と同じように、指値注文と成行注文を行うことができます。

リアルタイムで取引ができるので、取引所の取引時間中であれば、1日に何度でも売買が可能です。

一方、投資信託の価格は通常、注文を出した当日には価格が公表されません。注文した翌営業日に公表されます。

つまり、投資信託は購入した後でないと、購入した価格が分からないのです。さらに、投資信託は1日1回の設定と解約しかできません

・手数料

ETFや投資信託に投資する際には、「購入時」「運用期間中」「売却時」にそれぞれ手数料が発生します。

一般的にETFは投資信託に比べて、購入時手数料や保有期間中の手数料が比較的安くなっています。

また、投資信託で公表されている基準価額は、信託報酬が引かれた後のものになります。手数料がどれだけ引かれているかを細かく見ることは難しいので、注意が必要です。

しかし、最近はネット証券会社が手数料の引き下げを積極的に行っていて、ETFと投資信託の購入時の手数料を無料にしている場合もあります。

ETFに向いている人とは

投資信託の一種であるETF。しかし、その内容や投資スタイルは大きく違っています。

株式と同じように、買ったその日に売却するようなデイトレードや、数日間で売買を行うスイングトレードなどをすることも可能です。

そのため、平日の取引時間中に市場の動向を見ている必要があります。短期で利益を確定したい人に向いているといえます。

ただし、投資信託よりも、自分の裁量が問われる部分が多くなっています。

その分、投資をステップアップさせて行きたい人にも向いていると言えます。

まとめ

ETFと投資信託にはさまざまな違いがあります。しかし、どちらが優れている、どちらが劣っているということではありません。

自分が行いたい投資スタイルに合わせて、投資方法を選択することがおススメです。

さらに、迷った場合には、ETFと投資信託の両方を組み合わせて運用することも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

知っているようで知らない「ETF」。正しい知識を身に付けたら、ぜひ、チャレンジしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。