初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

2019年の大納会・2020年の大発会の株価はどうなる?アノマリーは?

投稿日:

2019年の大納会・2020年の大発会の株価はどうなる?

今年も残すところあと少しとなりました。相場の方は米中貿易協議の第一段階が合意したこともあり、堅調に推移しています。この堅調な相場はいつまで続くでしょうか。私は来年1月上旬までは堅調と踏んでいます。

さて、日本の証券取引所では年内最後の取引日を「大納会」、新年最初の取引を「大発会」と呼ばれます。(取引は通常通りです。)

今回は過去の大納会、大発会の株価をさかのぼって見てみたいと思います。

大納会の株価は上がりやすい?

大納会は年内最後の営業日で、土日祝日が重ならなかった場合は12月30日となります。2019年の大納会は12月30日です。

過去10年間の大納会の株価(終値)を見てみましょう。

日経平均株価値幅
2018年20,014円-62円
2017年22,764円-19円
2016年19,114円-30円
2015年19,033円+51円
2014年17,450円-279円
2013年16,291円+112円
2012年10,395円+72円
2011年8,455円+56円
2010年10,228円-115円
2009年10,546円-91円

これを見る限り傾向は読み取れません。

しかし、一般的に大納会は株価が上がりやすいと言われています。大納会の日は、実質上は来年相場入りをしており、税金対策の損失確定を終えているため、売り圧力が一段落するためと考えられます。一方、年末年始の休みを控えポジションを落とす動きもあるのは認識しておきましょう。

大発会の株価も上がりやすい?

大発会は、新年最初の営業日で、土日祝日が重ならなかった場合は1月4日となります。2020年の大発会は1月6日となります。

過去10年間の大発会の株価(終値)を見てみましょう

日経平均株価値幅
2019年19,561円-452円
2018年23,506円+741円
2017年19,594円+479円
2016年18,450円-582円
2015年17,408円-42円
2014年15,908円-382円
2013年10,688円+292円
2012年8,560円+104円
2011年10,398円+169円
2010年10,654円+108円

大発会についてもこれからは特に傾向は認められません。しかし、大発会についても比較的株価は上がりやすいと言われています。これは新年を迎えたお祝いムードの上げと年末の手じまいが買い戻されることにより上昇すると考えられます。

注目なのは2016年以降のここ数年間は「大発会」において、比較的大きな値動きとなっています。世界の市場に比べて日本の株式相場は休みの期間が長く、その間に世界の株式市場で何か起これば大発会では大きな値動きとなります。加えてクリスマスから年末年始は、閑散相場になりますので、値動きが大きくなりがちです。2019年の大発会はアップルショックの影響で大幅に下落しましたね。上に行くか下に行くかはわかりませんが、大きなリスクとして認識し、ポジションを落とす等の必要があると思います。

おわりに

いかがだったでしょうか。「大納会」「大発会」についてはどちらも株価は上がりやすいと言われていますが、ここ10年では「上がりやすい」とまで言える結果ではありませんでした。アノマリーとまで言える傾向ではありませんね。さて、今年の大納会、大発会はどうなるかわかりませんが、どちらにしろ閑散相場として大きな変動が起こりうるタイミングとなります。特に政治家さんたちは、通常より気持ちが大きくなり余計な一言を言ったりして・・・。(アメリカでは弾劾の件もありますし・・・。)私は少しポジションを落として落ち着いた気持ちで新たな年を迎えたいと思います。

ちなみに・・・

東京証券取引所の大納会では、毎年著名人をゲストに呼び、立会終了の鐘を鳴らします。今年は狂言師の野村萬斎さんだそうです。注目してみてください。


関連記事

年間のアノマリーについて紹介した記事です。ご覧ください。

アメリカ大統領選挙に関するアノマリーについた書いた記事です。

広告

広告

-資産運用の基本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【指標】銘柄分析に「EPS(一株あたり純利益)」が重要な理由は?

Table of Contents 銘柄分析に「EPS(一株あたり純利益)」が重要な理由は?EPS (一株あたり純利益)の計算方法EPS(一株あたり純利益)の使い方EPS(一株あたり純利益)の上がる( …

裁定買い残と裁定売り残~日経平均株価の天井・底値を予測する~

株価を動かすのは短期的には需給だと言われます。そして、需給を表す指標に「裁定買い残」「裁定売り残」があります。これらについては、外国人投資家に左右されている日本の株式市場の傾向を把握するために重要な指 …

私が選ぶ2019年12月のおすすめ株主優待4選

Table of Contents 私が選ぶ2019年12月のおすすめ株主優待4選JT(日本たばこ産業)2914ヒューリック 3033アルペン 3028すかいらーく 3197おわりに 私が選ぶ2019 …

私の銘柄の探し方

株式市場には3500社もの銘柄が上場されいます。そんな株多くの銘柄の中から株価が上昇をする銘柄を見つけるのは至難の技です。 そのため、自分が目をつけた複数の銘柄を長期で監視し、テクニカル的にいいタイミ …

株式投資でオススメの本を紹介

Table of Contents はじめに会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方普通の人”だから勝てる エナフン流株式投資術俺の株式投資術会社 四季報を読んでみよう!さいごに はじめに …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ