初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

株価のトレンドを知る 移動平均線

投稿日:2017年10月21日 更新日:

株式投資では投資を行う際に、参考になる様々な指標があります。ここでは株価のチャートを見たときに描かれていることが多い移動平均線についてご紹介します。

移動平均線

一定期間における株価の終値から平均をもとめ、それを一日ずつずらし、グラフにしたものが移動平均線です。このグラフの線が上向きならば上昇トレンド、下向きなら下降トレンドと判断します。

移動平均線の期間は自由ですが、多くの方は、5日、25日、75日、200日、13週、26週を多く使います。

私は25日を見ることが多いですが、中期や長期のトレンドも重要なので、75日や200日も確認するようにしています。

直感的に株価のトレンドがわかるため、株式投資初心者にも使いやすい指標と言えると思います。

 

移動平均線の使い方

移動平均線は1つの期間のものだけで判断することは、あまりオススメしません。短期、中期、長期の移動平均線をそれぞれ確認して、株価のトレンド把握するようにしましょう。そうしないと、株の買うタイミングを読み間違いをする場合があります。

短期では下降トレンドであっても、長期・長期で上昇トレンドであれば、押目買いのチャンスかもしれません。(当てがハズレればすぐに損切りをしましょう。)

 

また、最も一般的な移動平均線の使い方はゴールデンクロスとデッドクロスです。期間の短い移動平均線と期間の長い移動平均線を使い、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜ければ、ゴールデンクロスと言い買いのタイミングです。一方、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下抜ければ、デッドクロスと言い売りのタイミングとされています。

様々な銘柄のチャートを見てみて一度買いのタイミングと売りのタイミングを確認してみてください。

 

移動平均線の注意点

先に述べた通り複数の移動平均線をチェックするようにしましょう。

短期の移動平均線では、変化に素早く対応できる一方、ダマシが多くなってしまいます。長期の移動平均線だと、ダマシが少なくなる一方、変化に気づくのが遅くなり、チャンスを逃すかもしれません。長期と短期の両方を使うことで、より適切に判断ができるよう工夫しましょう。

また、株価が急騰したり急落した場合は、大きく移動平均線が動くため、ゴールデンやデッドクロスは売買サインとして機能しない場合があります。

また、もみ合い相場のときも株価にトレンドがないため移動平均線はテクニカル指標として不向きとなります。

 

 

広告

広告

-資産運用の基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカの長期金利上昇に「バリュー株」で備える!

Table of Contents アメリカの長期金利上昇に「バリュー株」で備える!金利上昇局面で上がる株は?普段から長期金利のチェックを! アメリカの長期金利上昇に「バリュー株」で備える! 私が株式 …

【テクニカル指標】出来高から株価の動きを予想する

Table of Contents 出来高から株価の動きを予想する出来高とは何かどのように出来高を使うか出来高は株価に先行する出来高が少ない銘柄は注意最後に 出来高から株価の動きを予想する 皆さんは株 …

株式相場のアノマリーを投資に活かそう!

Table of Contents はじめに株式相場の下落に注意が必要な時期株式相場の上昇が期待できる時期月間でのアノマリー(相場変動に注意が必要なタイミング)おわりに はじめに 株式市場においては、 …

株式投資では年間の利回りを設定しよう!私は年利10%を目標に!

Table of Contents はじめに年利10%を目標に!年利10%にするため、月利0.8%下げ相場でもリターンをとる努力を! はじめに 何事にも目標を立てその目標に向けて日々取り組みことはとて …

アメリカはETFで長期投資、日本は個別株中心の短期売買!

Table of Contents アメリカはETFで長期投資、日本は個別株中心の短期売買!アメリカは長期投資に適した市場日本はバブルの高値を更新できていないおわりに アメリカはETFで長期投資、日本 …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ