初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

個人向け国債10年とネット定期預金どちらがおすすめ?

投稿日:2017年9月24日 更新日:

個人向け国債とネットの定期預金はどちらも無リスク資産です。

株式投資をする上では、リスク管理のためにアセットアロケーションをリスク許容度に合わせて設定し、無リスク資産にも一定配分しておくことが、重要だと思います。

さて、その無リスク資産をどのような形で保持するのかが今回のテーマです。

無リスク資産と言えども、預ける銀行の金利はまちまち、日本銀行による低金利政策やマイナス金利を導入により、銀行の普通預金の金利はほとんどないようなものですが、ネット銀行の定期預金の金利と普通預金の金利を比較すると大きな差があります。

また、金利低下によって注目されてきたのが、個人向け国債です。

個人向け国債とは、日本国が個人向けに発行する債券(借金)のことで、国が発行する債券であることから、債券のなかで一番安全な投資先と言われています。元金保証で、年率0.05%の最低金利が保証されています。

 

10年国債かネット銀行の定期か

個人向け国債の中で最もおすすめされている変動10年の個人向け国債とネット銀行の定期預金のどちらがオトクか。

私はネット銀行の定期預金の方がオトクだと思います。ネット銀行の定期預金ではキャンペーンが実施されることが多くお得な金利で預けることができます。私は現在、SBI銀行の一年定期預金で0.2%の金利で預けています。個人向け国債の0.05%の4倍です。

金利で見れば明らかにネット銀行の定期預金の方がお得です。

私はネット銀行の定期預金の一年定期預金し、一年ごとに定期預金の見直して行こうと思っています。

毎年定期預金を見直すのは、少々面倒かもしれませんが、こうすることで、個人向け国債の利率を常に上回ることが可能ではないかと考えています。

皆さんも無リスク資産の運用について一度考えてみてはいかがでしょう。

広告

広告

-資産運用の基本
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高配当銘柄に投資する

株式投資で得られる利益には、株価の上昇で得られる利益(キャピタルゲイン)と配当などの定期的に受けとることのできる収入(インカムゲイン)があります。 どちらの利益を中心に株式投資をするかは、人それぞれで …

裁定買い残と裁定売り残~日経平均株価の天井・底値を予測する~

株価を動かすのは短期的には需給だと言われます。そして、需給を表す指標に「裁定買い残」「裁定売り残」があります。これらについては、外国人投資家に左右されている日本の株式市場の傾向を把握するために重要な指 …

株主還元に積極的? 配当性向とは

配当性向とは 配当性向とは、1年間で稼いだ利益の中から、どのくらい株主への配当に回すかを示す指標です。 計算式は次のとおりです。 配当性向(%) = 配当金支払額 ÷ 当期利益(当期純利益) × 10 …

チャートから株価を読む ダブルトップ

ダブルトップとは ダブルトップとは、株式投資の中で代表的なチャートパターンの一つです。ダブルトップは相場の転換点で現れ、株価の天井を表します。 ダブルトップは、高値から下落した株価が反発し、更なる高値 …

【手数料比較】楽天証券、SBI証券なとネット証券会社9社の手数料を比較!安いのは?

Table of Contents はじめは証券会社の選択からそもそもどういったとき株取引に手数料が必要か?ネット証券の手数料を比較しようネット証券の口座開設キャンペーンも要チェック!(番外編)ネット …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ