初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

株主還元に積極的? 配当性向とは

投稿日:

配当性向とは

配当性向とは、1年間で稼いだ利益の中から、どのくらい株主への配当に回すかを示す指標です。

計算式は次のとおりです。

配当性向(%) = 配当金支払額 ÷ 当期利益(当期純利益) × 100

 

また、1株あたりで換算して、次の式とすることもできます。

配当性向(%) = 1株当たり配当額 ÷ 1株当たり純利益(EPS) × 100

配当性向は20%~30%が目安とされます。

配当性向が単に高ければいいというわけではありません。

配当性向が高い会社は、それだけ株主に多くの利益を還元しているということになりますが、利益が出てないのに配当性向が高い場合は、その配当が続けられず、減配される可能性もあります。

一方で、低い会社は今後の成長のための設備投資や人材確保のために、資金を蓄えいる場合があります。この場合、企業の成長により株価が上昇し、キャピタルゲインを得ることができるかもしれません。

長期の視点で投資している株主にとっては、会社の利益が十分にあるときに配当金として受け取った方がよいのか、設備投資などによる今後の成長のため蓄えておいてもらった方がよいのか、悩むところです。

配当は、ある意味で利益の確定です。私は景気の動向なども考慮して、好景気が終盤に近づいてきたら高配当銘柄を増やして、利益確定を優先しようと思っています。

高配当銘柄に投資している場合、が低くて、これから配当性向を高める余地のある企業の方が魅力的です。

逆に言えば、無理に配当を出していて、減配のリスクはないかのチェックにも有効です。

そういった目線で銘柄選びの際にはぜひ参考にしてください♪

広告

広告

-資産運用の基本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【指標】銘柄分析に「EPS(一株あたり純利益)」が重要な理由は?

Table of Contents 銘柄分析に「EPS(一株あたり純利益)」が重要な理由は?EPS (一株あたり純利益)の計算方法EPS(一株あたり純利益)の使い方EPS(一株あたり純利益)の上がる( …

外貨預金よりFXレバレッジ1倍にすべき理由

投資をするうえで資産を分散することはとても重要です。 特に世界の基軸通貨であるドルは持っておくことおすすめします。世界は基軸通貨であるドルを中心に取引がされています。そう考えると、ドルはとても安全な通 …

相場環境に合った投資をする

ひさしぶりの投稿となってしまいました。 本業が忙しかったのと、クリスマス・年末年始とイベント盛りだくさんであったのと、あと、少しネタがなかったのでお休みさせていただきました。 もちろん投資は継続してお …

株式投資の楽しみ!株主優待株への投資ルールは?

Table of Contents はじめに株主優待銘柄限定の例外ルール100株以下の単位での購入で、優待がもらえる銘柄25日線を上回っている優待銘柄配当利回りと優待利回りを足して最低3%以上権利付日 …

米株のリスクヘッジ、暴落対策に「Direxion デイリー S&P500ベア3倍ETF(SPXS)」

リーマンショックから10年以上たち、そろそろ次のバブル、そして、暴落を意識せざるおえなくなってきました。加えて、アメリカの長短金利の逆転。逆転後、大きく相場が上昇した後に暴落が起きる過去の事例もふまえ …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ