初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

マーケット情報 資産運用の基本

セリングクライマックス?米国と日本の株価指数の出来高増加!反転上昇か?

投稿日:2020年2月28日 更新日:

セリングクライマックスとは?

みなさんも一度はセリングクライマックスという言葉を聞いたことあると思います。

セリングクライマックス(selling climax)とは、大きな下落相場において、それまで耐えていた投資家が、これ以上我慢できなくなり、損失覚悟で保有株を投げ売り、売りが売りを呼ぶ状況となり暴落的な急落となることをいいます。まさに市場が総悲観の状態のことです。

セリングクライマックスは下落相場の底値で起こり、その後は、売りたい人は売ってしまった状態ですので、売る人がいなくなり、株価は上昇します。

セリングクライマックスの時に安値で株を仕込めると、その後の上昇で大きな利益を得ることが可能になります。

セリングクライマックスサインは急落と出来高、そしてローソク足

セリングクライマックスのサインとして重視されるのはまず出来高です。
株価の下落が続いている場合に出来高が増大し大きく下落します。これが、セリングクライマックスのサインです。出来高が増加しているということは、株の投げ売りが出ていると考えられます。

また、併せてローソク足にも注目です。セリングクライマックスの時は、ローソク足が下髭を大きく引いた後、上昇することが多いです。(下髭がない場合は、大きな陽線から始まる場合もあります。)

予想超える急落と出来高、下髭を引いたローソク足があればセリングクライマックスの可能性は十分に考えられます。

アメリカ、日本の主要株価指数の出来高は増加

調べたところ、昨日(2020年2月27日)のNYダウ、S&P500、ナスダック、今日の日経平均株価、TOPIXは出来高増大を伴い大きな下落となっています。まさに、セリングクライマックスに近づいているのではと感じさせます。

S&P500チャート
ニューヨークダウチャート

2020年2月28日のアメリカ市場を終えて追記しました!

2月28日のアメリカ市場。ニューヨークダウ、S&P500、ナスダックはともに出来高増大。通常時の3倍程の出来高です。

さらにニューヨークダウ、S&P500は大きな下髭。ナスダックは大陽線。

ナスダックは前日とほぼ同じですが、一応プラス。先行指標のひとつとして機能している半導体SOXはなんと2%以上の上昇でした。

リスク指標としてチェックしてるジャンク債券(HYG)も逆行高。リスク後退です。

週末ということでショートカバーがあったのでしょうが、これはやはり、セリングクライマックス?

S&P500チャート(2020年2月28日)
ニューヨークダウチャート(2020年2月29日)

その他の指標も相場反転を示唆している?

その他の指標を見てみても、そろそろ反転を思わせるものが多いです。

底値をほぼピンポイントで当てる騰落レシオは53.31%。リーマンショックの時はなんと54.4%ですから、それ以下です。

また、松井証券のホームページによると信用損益損益率は2月27日時点で-16.676。28日も大きく下落しているのでもっと下がっていると思います。だいたい-15~-20が底入れと言われるので、もう反発しても良い水準です。

※信用評価損益率・・・信用取引している投資家が含み損益をどれくらい抱えているかを表した指標

VIX指数もすでに40まで上昇していますし、アメリカの長期金利は過去最低!

これらを見ているとそろそろと考えずにはいられません。

もちろん、当てが外れる場合も十分に考えられますので、セリングクライマックスではなく、更に売り込まれる場合にどうするかも考えておきましょう。

と言っても、私はここまで来たら、我慢するしかありません…。

行き過ぎは必ず修正されるものである。

株式市場において、行き過ぎは修正されます。今回のこの新型コロナウィルス。経済への悪影響は間違いなくあるでしょうが、果たして、景気後退をもたらすものなのか…。私は少々疑問を感じています。

株式市場は最悪の事態をおりこんでいます。さすがに今後は世界各国が財政政策を打ち出すと思いますし、FRBの利下げもあるかもしれません(28日、FRBのパウエル議長は利下げの可能性に言及。(追記))。これらが出てくると株式市場は思ったより大きな上昇波動となるかもしれません。

広告

広告

-マーケット情報, 資産運用の基本
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

利益成長を加味し、株価の割安を図る「PEGレシオ」

Table of Contents PEGレシオとはPEGレシオの使い方指標の判断PEG注意点 PEGレシオとは 株価の割安を判断するときによく使われる「PER」という指標がありますが、これに利益成長 …

投資の神様の産物 バフェット指標とは

  バフェット指標とは、投資の神様と言われる著名投資家のウォーレン・バフェット氏が使っていると言われる指標で、株式市場が割安なのか、割高なのかを判断する指標です。   計算方法は次 …

保有株がストップ高!利益確定のタイミング(売り時)は?

Table of Contents ストップ高時、利益確定のタイミングは?利益確定のために、複数単元の保有を!ストップ高の性質を見極める冷静にバリュエーションを確認する ストップ高時、利益確定のタイミ …

高配当銘柄に投資する

株式投資で得られる利益には、株価の上昇で得られる利益(キャピタルゲイン)と配当などの定期的に受けとることのできる収入(インカムゲイン)があります。 どちらの利益を中心に株式投資をするかは、人それぞれで …

2020年はアメリカ大統領選挙!株価は上がるのか?

アメリカ合衆国国旗「星条旗」 Table of Contents 2020年はアメリカ大統領選挙!株価は高い?アメリカ大統領選挙前は株価が上がりやすい!アメリカ大統領選挙のアノマリーを統計で確認してみ …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ