初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

ブラックスワン?暴落?テールリスクを図る指標「スキュー指数(skew index)」とは?

投稿日:2020年2月21日 更新日:

テールリスクを図る指標「スキュー指数(skew index)」

スキューは、英語で「ゆがみ」を意味する言葉で、スキュー指数は、市場のゆがみを指数化しています。

アメリカのシカゴ・オプション取引所のオプション取引で、コール(買う権利)に対するプット(売る権利)の需要の強さを示しており、中立が100。

確率はとても低いものの、発生した場合には大幅な下落が見込まれるテールリスクを図ります。つまり、市場で想定外の事象を意味するブラックスワン(黒い白鳥)が出現の可能性を予期する指数とも言えると思います。

スキュー指数が100を超えて推移しているとテールリスクの警戒感が高まっていると言うことができますが、通常100を下回ることはなく、100を超えて推移します。

ここ数年間の推移は?

ここ何年間かのチャートを見てみましょう。

2016~スキュー指数推移

高いところでは、150を超えています。低いところでは110ぐらいとなっています。現在は新型コロナウィルスで株式市場が少し揺らされていますが、過去の水準で言えば、テールリスクの警戒が極端に高いというわけではなさそうです。

日足で直近のチャートを見てみても

ここ数日のスキュー指数は下がってきていますし、スキュー指数を見る限りはそれほど心配なさそうです。

いかがだったでしょうか。今回はVIX指数と並んで株式市場のリスクを図る指標であるスキュー指数をご紹介しました。

皆さんもぜひ使ってみてください!

広告

広告

-資産運用の基本
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人向け国債10年とネット定期預金どちらがおすすめ?

個人向け国債とネットの定期預金はどちらも無リスク資産です。 株式投資をする上では、リスク管理のためにアセットアロケーションをリスク許容度に合わせて設定し、無リスク資産にも一定配分しておくことが、重要だ …

チャートから株価を読む ダブルトップ

ダブルトップとは ダブルトップとは、株式投資の中で代表的なチャートパターンの一つです。ダブルトップは相場の転換点で現れ、株価の天井を表します。 ダブルトップは、高値から下落した株価が反発し、更なる高値 …

株式投資では年間の利回りを設定しよう!私は年利10%を目標に!

Table of Contents はじめに年利10%を目標に!年利10%にするため、月利0.8%下げ相場でもリターンをとる努力を! はじめに 何事にも目標を立てその目標に向けて日々取り組みことはとて …

株式相場のアノマリーを投資に活かそう!

Table of Contents はじめに株式相場の下落に注意が必要な時期株式相場の上昇が期待できる時期月間でのアノマリー(相場変動に注意が必要なタイミング)おわりに はじめに 株式市場においては、 …

グロース株?バリュー株?気にしない!

Table of Contents グロース株?バリュー株?気にしない!グロース株、バリュー株とはグロース株とはバリュー株とはグロース株とかバリュー株とかより大切なことおわりに グロース株?バリュー株 …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ