初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

気になる銘柄 資産運用の基本

米国債に投資する! おすすめはゼロクーポン債

投稿日:

はじめに

マイナス金利政策が続く日本では、銀行の普通預金金利は、0.001%。定期預金でも、0.010%といった状態が続いています。すべての資産を全て銀行口座に置いておくのはあまりオススメできません。そのなかで、米国債、特にゼロクーポン債に投資することが、抵リスクで一定の利回りを確保できる初心者向けの投資方法であることは疑いようがありません。みなさんもぜひ一度考えて見てください。

米国債のゼロクーポン債

米国債のゼロクーポン債は、金利を受け取らない変わりに、その債権を割引で買い、満期時には満額で受けとることが出来ます。この買ったときと満額で受け取ったときの差額を金利として受けとります。

SBI証券で買うことのできる残存期間が26.8年のゼロクーポン債は、満額の46.54%で購入することができます。これが満期時に100%となって受けとることができます。26年後の満期時に10000ドルを受けとる権利を4654ドルで買うことができるということになります。ちなみにこの利回りは2.877%となります。

4654ドルが10000ドルとなるので、満期時には倍以上の額を受けとることができるのです。

オススメの投資方法

購入時に、受け取り額、利回りが決まっているため、長期的な資産を形成するのにとても有効です。

毎年決まったタイミングで決まった額を購入するのが効果的です。公的年金に加え、老後資産として一定額を受けとることができます。そして、毎年定期的に買うことで為替リスクを抑えることが出来ます。

ゼロクーポン債唯一のリスク

米国債・ゼロクーポン債のリスクは、アメリカの破綻。これだけと言えるでしょう。

しかし、あまり現実的ではないですね。アメリカが破綻することになるとすれば、すでに世界中が大変なことになっているでしょう。日本の破綻の方が可能性は高いと私は思います。

資産の分散

投資をするうえで資産を分散することはとても重要です。そういった意味でも資産の一部をドルで保有することは有効ではないでしょうか。

日本は少子高齢化、人口減少社会に突入します。一方のアメリカはまだ人口増加が続き、また世界を牽引する有名企業がどんどん誕生しています。それを考えた時、今後ドルが強くなる可能性が高く、ドルを保有することは大きなメリットです。

資産分散の観点でいうと米国債だけの投資は良くないかもしれません。株式投資の方がより高い利回りを得る期待値が高いと思うからです。

資産の一部を米国債のゼロクーポン債で持っておき長期的な視点で老後に備えるそのような投資をおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。米国債、特にゼロクーポン債は、投資対象としてとても魅力的です。

初心者にとっては、ほぼノーリスクで、3%近くの利回りを確定できるからです。

みなさんもご自身の資産に米国債を加えてみてはどうでしょうか。

広告

広告

-気になる銘柄, 資産運用の基本
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SBI証券 口座開設の方法

株式投資を行う際、はじめに行うのが口座の開設です。 今日、妻のためにSBI証券の口座開設の手続きを行いました。 今回はSBI証券の口座開設の方法についてご案内してみたいと思います。 Table of …

【テクニカル指標】出来高から株価の動きを予想する

Table of Contents 出来高から株価の動きを予想する出来高とは何かどのように出来高を使うか出来高は株価に先行する出来高が少ない銘柄は注意最後に 出来高から株価の動きを予想する 皆さんは株 …

USドル スワップスプレッド

スワップスプレッドとは スワップスプレッドはアメリカの株価が下落局面になる前に急激に上昇する指標。暴落をを一番はじめに察知することが可能となります。この指標が急激に上昇し、その後、社債スプレッドや長短 …

S&P500でアメリカの株式市場に投資する

アメリカの株式市場では、ダウやナスダック、S&P500なとが代表的な株価指数です。 日本の日経平均やジャスダックといったところでしょうか。 私はその中でS&P500に投資しています。 …

日本株(日経平均株価)を予想するための指標を紹介します!

Table of Contents はじめに日本株を予想するための指標ダウ輸送株指数ダウ平均株価(ダウ工業株)アメリカ10年国債の金利(長期金利)ドル円(為替相場)指標の使い方最後に はじめに 皆さん …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ