初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

つみたてNISAか?NISAか?

投稿日:2017年10月4日 更新日:

2018年1月から「つみたてNISA」の制度が始まります。

私は、もちろんNISAを活用しています。制度が始まると「NISA」か「つみたてNISA」のどちらかを選択することができるようです。

そこで、「NISA」と「つみたてNISA」を比較してみたいと思います。

つみたてNISAとは

つみたてNISAは現行のNISAと同じように、投資した値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税になりますが、つみたてNISAは積立に特化し、非課税期間が20年。1年間に投資できる金額は40万円で、20年間で800万円まで投資できます。

つみたてNISAは投資家の安定的な資産の形成が目的となっています。そのため投資商品は、国が定めた一定の基準を満たした、長期投資向けの投資投資信託のみとなります。

現行のNISAとは

現行のNISAは、1年間に120万円までと投資額が高額です。しかし、投資期間は5年間しか認められていません。また現行のNISAにはロールオーバーという便利な制度があります。ロールオーバーとはNISAの非課税期間の5年間が終了した場合に、翌年の非課税枠に資産を移すことができる制度です。これにより非課税口座で最大10年間も資産の保有を継続することが可能になります。ちなみにNISAと積立NISAは2つ同時には利用できず、どちらか1つを選択する必要があります。また、つみたてNISAと現行のNISAの間でのロールオーバーはできませんのでご注意ください。

つみたてNISAか、現行のNISAどちらにするか

で、どちらにするのがお得なのか。

制度の趣旨からすると、

投資初心者の方、長期的な視点である程度リスクを抑えながら投資したい人、老後の資金を若いうちから準備していきたい人は「つみたてNISA」を選ぶのがいいと言えると思います。

一方で、比較的早期に非課税枠を最大限利用して資産を増やしたい方、あとは高配当の個別株に積極的に投資したい方などは現行の「NISA」がいいかもしれません。

私はどうするか。

今後私の考え方が変わるかもしれませんが、年間40万円で積立の投資信託だけ、というのは少し面白味にかけるなーと思ってしまいます。また私は結構高配当の個別株にも投資していますので、その配当が非課税になるのは大きいなと思っています!

ということで、私は今のところこのまま現行のNISAで行こうと思います。

積立はiDecoもやってますしね。

とは言え、NISAの制度は少しややこしいですし、もう少し勉強したいと思います。

また、数年たつとNISA制度に変更がある可能性もあります。

1年ごとにNISAかつみたてNISAを選択できるらしいので、臨機応変に対応しようと思います🎵

広告

広告

-資産運用の基本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020年夏号「四季報」から選んだ私の注目銘柄一覧

Table of Contents 2020年夏号四季報から選んだ私の注目銘柄一覧会社四季報とは選んだのはグロース株2020年夏号四季報 私の注目銘柄一覧注目銘柄を買うタイミングは?最後に 2020年 …

相場環境に合った投資をする

ひさしぶりの投稿となってしまいました。 本業が忙しかったのと、クリスマス・年末年始とイベント盛りだくさんであったのと、あと、少しネタがなかったのでお休みさせていただきました。 もちろん投資は継続してお …

企業の収益性、成長度を知る EPS

Table of Contents EPSとはEPSの活用方法まとめ EPSとは EPSは一株当たりの利益を表します。 企業の純利益を発行済み株式数で割って一株当たりに直したものです。 EPSの計算式 …

アメリカはETFで長期投資、日本は個別株中心の短期売買!

Table of Contents アメリカはETFで長期投資、日本は個別株中心の短期売買!アメリカは長期投資に適した市場日本はバブルの高値を更新できていないおわりに アメリカはETFで長期投資、日本 …

ダブルベア・ダブルインバースでリスクヘッジ

2019年が始まって、株価は大発会で大幅下落しました。しかし、それ以降は反発相場が続いています。 アメリカ株は25日線を超えて推移し、日本でも日経平均株価が大発会から1000円以上値上がりし、25日線 …

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ