初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

【テクニカル分析】NT倍率とは?取引に活用しよう!

投稿日:

NT倍率とは?

みなさんは「NT倍率」というのをご存じですか?

NT倍率は、日経平均株価をTOPIXで割った指標で、それぞれの指数の相対的な強さを表します。

NT倍率が高くなれば日経平均株価がTOPIXより強く、低くなればTOPIXが日経平均株価より強いと言えます。

NT倍率の計算方法は以下の通りです。

NT倍率=日経平均株価÷東証株価指数

ちなみに日経平均の「N」とTOPIXの「T」をとって「NT倍率」と呼ばれます。

通常、10倍は程度で推移すると言われています。2020年1月17日時点でNT倍率は13.85倍で日経平均株価がより買われていると言えます。

NT倍率で株式相場の物色を知る

日経平均株価の特徴として、機械や半導体を中心とした景気に敏感な外需株、特に値がさ株の影響を受けやすいと言われています。
一方で、TOPIXは時価総額が大きい銘柄、また、自動車・銀行などの内需株の影響を受けやすいという特色があります。

※値がさ株とは、一株あたりの株価が高い銘柄のこと

つまり、NT倍率が上昇しているときは、値がさの外需株が優位となり、NT倍率が下落するときは、自動車・銀行などの内需株が買われていることになります。

これらのことから、NT倍率を見ることは、自ら保有する銘柄のセクター割合を考える上で参考となりそうです。

例えば、NT倍率が上昇し始めたら、景気敏感や外需といったセクターを増やし、NT倍率が下がり始めたら、自動車・銀行などの内需株を増やすとったことが有効かもしれません。

NT倍率は過去最高水準の高さ

前述したとおり、現在のNT倍率13.85倍は過去最高の水準です。ちなみに過去最高は1992年4月8日の14.07倍です。
ここまで来ると、そろそろNT倍率が低下することを想定しておくべきかと思います。

NT倍率が低下するに当たって考えられるシナリオは、まず相場の調整でしょう。この場合、史上最高値付近のアメリカの株式市場が調整し、その影響を受けやすい日経平均株価が、TOPIXより大きく下落するとことで、NT倍率が低下するといったところでしょうか。

また、相場が上昇し、TOPIXが日経平均より大きく上昇することでNT倍率が低下することも考えられますが、この場合、日本の内需株を継続的に買う理由が必要と考えられます。つまり、ファンダメンタルズの裏付けです。

となると現状では、前者のシナリオが有力と見ています。

おわりに

いかがだったでしょうか。皆さんもNT倍率をチェックして、株式投資にいかして活用して見てください。

広告

広告

-資産運用の基本
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

相場環境に合った投資をする

ひさしぶりの投稿となってしまいました。 本業が忙しかったのと、クリスマス・年末年始とイベント盛りだくさんであったのと、あと、少しネタがなかったのでお休みさせていただきました。 もちろん投資は継続してお …

【手数料比較】楽天証券、SBI証券なとネット証券会社9社の手数料を比較!安いのは?

Table of Contents はじめは証券会社の選択からそもそもどういったとき株取引に手数料が必要か?ネット証券の手数料を比較しようネット証券の口座開設キャンペーンも要チェック!(番外編)ネット …

2020年夏号「四季報」から選んだ私の注目銘柄一覧

Table of Contents 2020年夏号四季報から選んだ私の注目銘柄一覧会社四季報とは選んだのはグロース株2020年夏号四季報 私の注目銘柄一覧注目銘柄を買うタイミングは?最後に 2020年 …

つみたてNISAか?NISAか?

2018年1月から「つみたてNISA」の制度が始まります。 私は、もちろんNISAを活用しています。制度が始まると「NISA」か「つみたてNISA」のどちらかを選択することができるようです。 そこで、 …

no image

成長企業を見つける指標 ROE

銘柄を選ぶ際、様々な指標を使って購入するかどうかの判断をされると思います。 皆さんがよく耳にする指標にROEというものがあると思います。今日はそのROEについてお話しします。   成長企業を …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ