初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

利益成長を加味し、株価の割安を図る「PEGレシオ」

投稿日:2019年10月6日 更新日:

PEGレシオとは

株価の割安を判断するときによく使われる「PER」という指標がありますが、これに利益成長を加味したのが「PEGレシオ(Price Earnings Growth Ratio)」という指標です。外国人投資家を中心に重視されている指標です。

PEGレシオはPER÷利益成長率で計算します。

PERの場合、利益成長率が考えられていないので、急激に成長している銘柄は、数百倍といったとてつもない数字のPERになることもあります。しかし、利益成長率を加味して計算すると、そのPERが妥当な範囲であるということも十分にあります。

少し前は、私も銘柄診断を重視し、時間があればネットを検索したり、四季報を全部読んだり、いろいろしていましたが、兼業投資家である私は常にそういった時間を取れるわけではありません。そのためPEGレシオを利用するのです。

PEGレシオの使い方

私は買いたい良いチャートの株を見つけた場合、銘柄の成長性を確認するのにPEGレシオを使います。重要なのはあくまでもチャートです。良いチャートの銘柄が複数あった場合、どちらを優先するかと言うときに参考にします。参考にするだけなので、成長性の判断には、これで十分だと感じています。

指標の判断

PEGレシオは、2倍以上は割高、2倍~1倍だと妥当。1倍以下が割安だと言われます。私は1倍以下のものを優先的に買っています。

PEG注意点


PEGレシオを使うときの注意点は2つ。
・利益成長率をどう判断するかです。ここにどういった数値を持ってくるかで数値が左右されるため、判断が難しいところです。私は、PEGレシオを参考程度にしか使わないので割りきって証券会社の算出したものを使っていますが…。

・成長率がマイナス予想の場合は、PEGもマイナスになり機能しません。

皆さんもPEGレシオを参考にしてみてはいかがでしょうか。


PER・PBRについて記載した記事は下記のとおりです。ぜひご覧ください。

広告

広告

-資産運用の基本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株価の過熱感を知る サイコロジカルライン

株式投資では売買の参考となるテクニカル指標がたくさんあります。 このブログでも少しずつ紹介していきたいと思います。 サイコロジカルライン サイコロジカルとは、心理的なという意味があります。要するにサイ …

【テクニカル指標で分析】騰落レシオで株価の底値圏、高値圏を予想する!

Table of Contents 騰落レシオで株価の底値圏、高値圏を予想する暴落レシオの計算式(25日暴落レシオの場合)騰落レシオは底値圏での精度が高いおわりに 騰落レシオで株価の底値圏、高値圏を予 …

「PER」「PBR」割安株の指標

割安株とは、市場の平均と比べて割安と判断される銘柄や、過去の株価水準からみて現在の水準が割安だと判断される銘柄のことです。 割安株の中から今後の成長期待が高い銘柄や見直し期待のある銘柄を見つけ、投資す …

【テクニカル分析】NT倍率とは?取引に活用しよう!

Table of Contents NT倍率とは?NT倍率で株式相場の物色を知るNT倍率は過去最高水準の高さおわりに NT倍率とは? みなさんは「NT倍率」というのをご存じですか? NT倍率は、日経平 …

会社四季報を読んでみた!

先日お話ししていた会社四季報を読み終わりました。といってもそれぞれの企業についてじっくり読んでいるとどれだけ時間がかかるのかわからないので、読み方を工夫しました。 私は、全企業とりあえず売上高の推移と …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ