初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

企業の収益性、成長度を知る EPS

投稿日:2018年2月11日 更新日:

EPSとは

EPSは一株当たりの利益を表します。

企業の純利益を発行済み株式数で割って一株当たりに直したものです。

EPSの計算式

EPS=当期純利益÷発行済株式総数

 

企業の当期純利益が10億円、発行済株式数が1000万株だった場合は、1株利益は100円です。

 

EPSは高ければ高いほど収益率が高いということになります。

 

EPSの活用方法

EPSを見るときは、そのものの数値よりも、過去からの推移を見ることが重要です。継続的に右肩上がりに上昇していることで、その企業が収益率の高い経営を続けていること、しいては、成長している企業と判断することができます。

また、株価は「1株当たり利益 ✕ PER」で計算されるため、その銘柄の目標株価を決めるのにも有効です。その銘柄の現在の株価で買うべきかどうか、現在のその銘柄を持っている場合はどこで売るかの判断にも活用できます。

 

まとめ

EPS企業の収益性を判断する上で、重要な株価指標の一つです。

注意点としては、有価証券など資産の売却益を利益に計上している場合、自社株買いや消却などで株数を減らしている場合 は、本業がうまくいってEPS を伸ばしているわけでなありません。

なので、EPSの推移とあわせて営業利益の推移もチェックすればいいかもしれません。

株式投資おいて、成功の鍵を握るのは銘柄分析だといっても過言ではありません。

皆さんもぜひ銘柄分析に利用しましょう。

EPSの指標のみで企業の状況を判断せず、他の指標と組み合わせて、精度の高い銘柄選びにいかしましょう。

 

広告

広告

-資産運用の基本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ボックス相場の底値で株を買う!新たな投資方法に挑戦!

Table of Contents はじめにボックス相場とは?、投資方法は?どのような銘柄に投資する?まとめ はじめに 最近、これまで挑戦していなかった新たな方法での株の買い方を始めました。 これまで …

裁定買い残と裁定売り残~日経平均株価の天井・底値を予測する~

株価を動かすのは短期的には需給だと言われます。そして、需給を表す指標に「裁定買い残」「裁定売り残」があります。これらについては、外国人投資家に左右されている日本の株式市場の傾向を把握するために重要な指 …

【指標】銘柄分析に「EPS(一株あたり純利益)」が重要な理由は?

Table of Contents 銘柄分析に「EPS(一株あたり純利益)」が重要な理由は?EPS (一株あたり純利益)の計算方法EPS(一株あたり純利益)の使い方EPS(一株あたり純利益)の上がる( …

【テクニカル分析】NT倍率とは?取引に活用しよう!

Table of Contents NT倍率とは?NT倍率で株式相場の物色を知るNT倍率は過去最高水準の高さおわりに NT倍率とは? みなさんは「NT倍率」というのをご存じですか? NT倍率は、日経平 …

株式投資における暴落対策に現金比率が重要な理由

Table of Contents 株式投資における暴落対策に現金比率が重要な理由株式投資における現金比率の考え方現金は何のために必要か現金比率を考えるときの材料〈指標〉現金比率を考えるときの材料〈ニ …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ