初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

資産運用の基本

株価の過熱感を知る RSI

投稿日:2017年10月15日 更新日:

株式投資では売買の参考となるテクニカル指標がたくさんあります。

このブログでも少しずつ紹介していきたいと思います。

複数の指標を組み合わせて使うと効果的です。

RSI

RSIはサイコロジカルライン等と同じように、株価の買われ過ぎや売られ過ぎを数値化した指標で、株価のこれからの反転を予想する逆張りの指標です。

要するに株価が上昇し続ければ買われ過ぎということで、株の売りを考える。逆に株価が下落を続ければ、売られ過ぎということで買いを考えます。

RSIは過去の一定期間(14日間が多いと思います。銘柄により相性があります。)の株価の上昇幅を数値化した指標です。サイコロジカルラインは上昇した日を割合にしましたので、価格変動を加味したRSIの方がより現実の株価に即したと言えるでしょうか。

RSIの計算方法

計算は、一定期間の上昇幅を同じ期間の上昇幅+下落幅で割って100をかけることで求めます。

50%を中心に0~100%の範囲で表します。

一般的に70~80%以上になると買われ過ぎ、20~30%以下になれば売られ過ぎと判断します。

70~80%以上で推移したRSIが70~80%を下回れば、売り。逆に20~30%で推移したRSIが20~30%を上回れば買い。といった風に使います。(何%にするかはご自身の判断で…。)

RSIを使う際の注意点

サイコロジカルラインと同様にボックス相場では有効ですが、株価に上昇トレンドまたは下降トレンドにある場合は、買われ過ぎや売られ過ぎがしばらく続くことがあります。

他の複数の指標と比較したり、過去のチャートを確認して使うようにしてください。

広告

広告

-資産運用の基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

成長企業を見つける指標 ROE

銘柄を選ぶ際、様々な指標を使って購入するかどうかの判断をされると思います。 皆さんがよく耳にする指標にROEというものがあると思います。今日はそのROEについてお話しします。   成長企業を …

外貨預金よりFXレバレッジ1倍にすべき理由

投資をするうえで資産を分散することはとても重要です。 特に世界の基軸通貨であるドルは持っておくことおすすめします。世界は基軸通貨であるドルを中心に取引がされています。そう考えると、ドルはとても安全な通 …

2023年末で終了のジュニアNISAで所得税と相続税を節税!

Table of Contents 2023年末で廃止のジュニアNISAで所得税と相続税を節税!そもそも「ジュニアNISA」「NISA」とは?ジュニアNISAのポイント生前贈与として相続税の節税も!「 …

日本株(日経平均株価)を予想するための指標を紹介します!

Table of Contents はじめに日本株を予想するための指標ダウ輸送株指数ダウ平均株価(ダウ工業株)アメリカ10年国債の金利(長期金利)ドル円(為替相場)指標の使い方最後に はじめに 皆さん …

保有株がストップ高!利益確定のタイミング(売り時)は?

Table of Contents ストップ高時、利益確定のタイミングは?利益確定のために、複数単元の保有を!ストップ高の性質を見極める冷静にバリュエーションを確認する ストップ高時、利益確定のタイミ …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ