初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

気になる銘柄

「金(ゴールド)」への投資は、米国ETF(GLD,IAU,GLDM)で

投稿日:

「金(ゴールド)」への投資は、米国ETF(GLD,IAU,GLDM)で

世界の株式市場、特にアメリカでは史上最高値付近で推移するなど好調な状況が続いていますが、金の価格はここ半年軟調に推移しています。
しかし、資産の一部に金を保有することは、長期の資産運用として、とても有効だと私は考えています。
そこで、今回は金に投資する意味とおすすめの投資法を皆さんに御紹介したいと思います。

なぜ、金に投資すべきなのか。その理由は?

暴落に強い資産「金(ゴールド)」

金は、安全資産と言われます。株式市場では、金融恐慌、リーマンショック、コロナショックなど、幾度となくクラッシュ的な暴落を経験してきました。こういった時には株だけでなく、あらゆる商品が売られることとなりますが、こういった暴落に強いのが金です。コロナショック時には、金の価格は一瞬下がりましたが、わずか一ヶ月でもとの水準に戻り、その後はさらに上昇しました。そして、リーマンショック時にも金の価格はいち早く回復し、その後価格が2倍になるほどの相場がやってきました。このように暴落に対して金が強いのは、歴史が語っています。そもそも、金は世界中の流通量がほぼ決まっているので価格が下落しづらいという特徴もあります。

インフレ対策としての「金(ゴールド)」

もう一つ金を保有する理由になりうるのは、インフレリスクへの対策です。コロナショックのあと、各国の中央銀行は、大量のマネーを市場に注入し、各国政府も大規模な財政出動を実施しました。この「金余り」の状況が続けば、今後インフレになる可能性が高まります。

インフレは、物価に対して現金の価値が下がると言えますので、例えばお金の価値が半分になると、1万円で買えたものが2万円支払わないと買えなくなってしまいます。金はインフレによって、価値も上がっていきますので、このインフレ対策として金の保有は有効です。

以上を総合すると、金は暴落とインフレの両方に強い、魅力的な資産と言えます。

金(ゴールド)に投資す方法 おすすめはETF

金に投資する方法としては、金を現物で持つ方法、金を採掘する会社などの株(金鉱株)、ETFなど複数の方法があります。

そんな中で私がおすすめするのは、気軽に金に投資できるETFです。

金に投資できるETF

金に投資出来る米国ETFとしては、「GLD」「IAU」「GLDM」があります。

どれも金地金価格への連動を目指すETFです。ETFの歴史としては、GLDとIAUが長く、GLDMはGLDの後発ということで比較的歴史の浅いETFです。GLDMはGLDよりも低コストで投資できる商品となっています。
パフォーマンスにそれほど大きな差はないので、選択は好みですが、私は少しでも低コストで投資できる「GLDM」に定期積み立て投資をしています。

GLD( SPDR ゴールド・シェア)

経費率 0.40

設定日 2005年1月21日

IAU(iシェアーズ ゴールド・トラスト)

経費率 0.25

設定日 2005年1月21日

GLDM( SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト)

経費率 0.18

設定日 2018年06月25日

日本市場上場のETFは?

日本の株式市場に上場しているETFは
ちなみに、今回はアメリカ市場で取り引きできる金ETFをご紹介しましたが、日本でも、先ほど紹介した「GLD」(SPDRゴールド・シェア(1326))が上場しているほか、金の現物と交換可能な純金投資信託“金の果実”(1540)などのETFがありますので、ぜひご検討してみてください!

さいごに

いかがだったでしょうか。金に投資する気になったでしょうか。金は安全資産ということで、投資をあまりしない日本人にとっても比較的抵抗感なく、投資の取っ掛かりとしても良いのではないかと思います。数年前には、老後2000万円問題も話題になりました。そんな時代だからこそ、資産運用として、今後の資産防衛として、皆さんも是非一度、金への投資について考えてみてはいかがでしょうか。

広告

広告

-気になる銘柄
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【米国株おすすめETF】新興国株式に投資する「VWO、EEM、IEMG」

Table of Contents 新興国株式に投資する「VWO、EEM、IEMG」新興国市場に幅広く投資できる「VWO」国別構成率は?保有銘柄の構成は?新興国の大型・中型株に投資する「EEM」国別構 …

【おすすめの銘柄検索】これから上がる?強い株の探し方

Table of Contents 【銘柄検索】強い株の探し方は?ルールに合致した銘柄を探す私の設定するルールについてYahoo!ファイナンスで年初来高値更新銘柄を探す証券会社のアプリで指標、決算発表 …

今日の気になる銘柄 キリン堂ホールディングス

季節の変わり目です。我が家では子どもが風邪を引き、その風邪が私にうつり、妻も喉が痛いそうで…。 私は、仕事が忙しく休めないので、今日はこのblogを書いて早く寝ます。 さて、今日はそんな私たち家族がお …

今日の気になる銘柄 日産自動車

私が気になった注目銘柄を紹介するこのコーナー。 上がるかどうかはわかりません。ご自身で判断ください。 今日紹介するのは…   日産自動車 自動車大手です。仏ルノーの傘下で開発等を共同展開を行 …

2020年上がる株はどれ?私が注目の銘柄は「新日本建物(8893)」

Table of Contents 2020年上がる株はどれ?私が注目の銘柄は「新日本建物」新日本建物はどんな会社?株価の状況は?チャートは?新日本建物の業績は好調!不動産市況、マンション市況はどうか …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ