初心者の株・資産運用~注目の銘柄・ニュースは?~

株式投資を中心に資産を増やすためいろいろやっています。株式投資や資産運用に関係する情報等を少し紹介できればと思います。

外国株

高配当ゴロゴロ!アメリカ株に注目 初心者におすすめ!

投稿日:2017年9月3日 更新日:

私は今年度に入ってからアメリカ株を購入し、少しずつ保有する銘柄と株数を増やしてきました。株初心者にとって外国株にチャレンジするのは少し勇気が必要かもしれません。

しかし、実際はそれほど難しくはありませんし、メリットも多いです。

私は楽天証券、マネックス証券を利用してアメリカ株を購入しています。楽天証券は口座の買い付け余力でそのまま購入できる円貨決済。わざわざドルに変える必要がありませんので、手軽に購入できます。

一方、マネックス証券は一度円からドルに変えてから、ドルで株を買う必要があるので、少し手間がかかります。

手数料ですが、楽天証券は最低でも25ドルかかります。高いです。マネックス証券は最低5ドルで最低水準です。

最近はマネックス証券を使って買い増しをしています。

ちなみにSBI証券は円貨決済も可能で、手数料も5ドルです。

アメリカ株のメリットですが、まず高配当株が非常に多いことです。

アメリカ株は日本にはあまりない、5%近辺の配当利回りとなっている優良企業が多いです。また、連続増配を続けている企業も多い。AT&Tは32年連続増配で、配当利回りも4.6%です。

こういった銘柄の株価は相場の下落時もそれほど大きく下がりません。

私はボーダフォンやフィリップモリスなどの高配当銘柄を買っています。

また、アメリカ株は右肩上がりを続けており、キャピタルゲインも期待できます。

ご存じの通り、この間までダウもS&Pも高値更新していました。

日本は未だにバブル時の高値を越えられていません!

日本株よりは、はるかに期待できます。

注意したいのは税金です。

アメリカ株の配当には、10%の外国税がかかります。nisa以外で購入の場合確定申告で取り返せますが、やはり面倒です。

そこで私は、先ほど紹介したボーダフォンやフィリップモリスのようにADRという制度を経由して、イギリス籍の株を買っています。

なんとイギリスは外国税がかからないのです!!

イギリスのEU 離脱で先行き不安はありますので、イギリス籍に銘柄が偏るのはどうかと思いますが、ぜひとも活用したい制度です。

皆さんも一度外国株とくにアメリカ株について検討してみてはいかがでしょうか。

初心者にはとくに向いている気がします。

広告

広告

-外国株
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【米国ETF】半導体の世界トップ企業に投資する「SMH」

Table of Contents 半導体の世界トップ企業に投資する「SMH」世界トップの半導体企業にまとめて投資できる「SMH」とはSMHへの組入銘柄は?SMHのパフォーマンスは?半導体に投資するそ …

外国株式・ETFの配当の二重課税を確定申告しする(外国税額控除とは)

Table of Contents 外国株式・ETFの配当の二重課税を確定申告しする外国税額控除とは投資信託等に係る二重課税調整について確定申告の方法は?確定申告の期間確定申告の方法最後に 外国株式・ …

楽天証券 米国株購入手数料が業界最安値に!

日本株は、バブル期の高値を未だに更新できていませんが、米国株は長期で見れば右肩上がりを続けています。 そのため、日本株だけではなく米国株にも投資をすることで分散という意味でも資産形成という意味でもとて …

【米国株ETF】私が買うならS&P500に連動する「VOO」!

Table of Contents 私が買うならS&P500に連動する「VOO」S&P500に連動して動く「VOO」とはどんなETFか経費率は「VOO」、「IVV」、「SPY」の中で最 …

【米国株ETF】S&P500に連動する「SPY」はオススメできる!

Table of Contents S&P500に連動する「SPY」はオススメ!「SPY」とはどんなETFか「SPY」は日本の株価市場にも上場?「SPY」「VOO」「IVV」のチャートを比較少 …

Let’s 英語 for Kids

Let’s 英語 for Kids

自分のjavascriptなどの勉強を兼ねて、自分の子どもが、手軽に英語を勉強できるWebサイトを作りました。
幼い子どもが英語に触れるには良いのではないかと思います。ぜひ、ご活用ください。

https://innovation-ryo.com/study/index.html

アラサーで2児の父。日々の仕事に追われながら、育児、ブログも頑張ります。

趣味は、登山とダイビング。子どもが生まれてからは全然行っていません。

カメラ